第38回群馬大学教育学部附属特別支援学校公開研究会<終了しました>

多くの皆様にご参加いただき,ありがとうございました。

後日様子をお伝えします。


 

共生社会の形成に向け,教育の分野では「インクルーシブ教育システム構築」が始まっています。その理念や方針は次期学習指導要領に盛り込まれ,今後は着実な実行が求められます。
本研究会では,本校の児童生徒と障害のない子どもや地域の方々に共に学ぶ「交流及び共同学習」の実際の様子を公開します。シンポジウムでは,県内外の実践発表と共にシンポジストから情報を提供いただきます。これらをとおして,参会者の皆様とこれからの教育について考えたいと思います。

 

○主題
人とかかわりながら学びを深める児童生徒の育成

 

○会場
群馬大学教育学部附属特別支援学校
〒371-0032 群馬県前橋市若宮町2-8-1 TEL:027-231-1384  FAX:027-234-4852

 

○内容
8:50~9:20 全体会
9:30~11:45 公開授業
12:05~14:15 ポスターセッション
12:45~14:15 学部別授業研究会
14:30~16:30 シンポジウム
テーマ「インクルーシブ教育システム構築の実践 -私たちの取組と,これから-」

 

○シンポジスト
新谷 喜之 秩父市教育委員会教育長 元文部科学省特別支援教育課教育企画官
渡部 匡隆 横浜国立大学教職大学院 教授

 

○司会
金澤 貴之 群馬大学教育学部 障害児教育講座 教授

 

○その他
・詳細はリーフレットとポスターをご覧ください。
・お申し込みは「公開研究会申込フォーム」からも可能です。
・シンポジウムのみの参加も申し受けております。