校長あいさつ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
藤本 宗利(教育学部国語教育講座)

本校は,昭和33年に附属中学校の特殊学級を前身とし,昭和54年に群馬大学教育学部附属養護学校としてスタートしました。平成19年に附属特別支援学校となり,現在に至っています。本校の教育目標は,『健康で,人と調和でき,自分から豊かな生活を築いていく能力を身につけ,よりよい社会的自立ができる児童生徒を育成する』であり,障害者の教育に生涯を捧げられた糸賀一雄氏の「この子らを世の光に」の精神,曻地三郎氏の「しいのみ学園の十大教育原理」などを座右の銘にして,教育実践に取り組んでいます。

本校は「子どもがいて学校がある」をモットーに,児童・生徒一人一人の教育的ニーズにこたえ,教育目標の達成に向けて,個を重視した教育課程,様々な学校行事,授業を中心とした日常の取り組みを実践して参りました。加えて卒後の生活を支えるために卒業生を支援する様々な活動も行っています。

さらに,群馬大学教育学部・群馬県教育委員会との連携を強化しながら,より良い教員養成の実践の場として,力量のある教員を育成するための支援を行っています。また地域に開かれた学校として,地域の方々から様々な支援・協力を頂きながら,県内外の学校の実践的研究の先進的なモデル校としての役割を果たすべく,教職員一丸となって日々の実践に努めています。

今後も,障害のある子どもたちが安心して楽しく学び合い,成長できる学校でありたいと思っています。

どうぞよろしく,お願い申し上げます。

コメントは受け付けていません。