群馬大学教育学部附属特別支援学校 ハイスクールガイド

連絡先

所在地:〒371-0032前橋市若宮町2-8-1

電話番号:027-231-1384

Webサイト:http://shc.edu.gunma-u.ac.jp/

本校高等部について

目指す「生徒像」

学習活動を行う上で大切にしていること

時間割

学習グループについて

高等部の時間割の例です。高等部では,表にあるような①〜⑨それぞれの指導時間帯ごとに1〜5の学習集団を編成して学習します。 表の②のように、就労生活を意識して,働く力を高めることを重視した学習の時間を週に3回,⑦のように卒業後の生活を念頭に置いたテーマによる学習にも計画的に取り組みます。

高等部で取り組む例

各指導時間帯における学習指導について

学習単位 編制期間 ねらいとテーマ例
ホームルーム 通年

今日の生活に見通しを持つことと,自立した生活に必要となる基礎・基本の獲得を重視した学習の時間。テーマ例には,「今日の予定」,「整理整頓をしよう」,「計算練習」等がある。

高等部全体,縦割りグループ 通年

修学旅行や卒業後の就労に向けて,目標を持って走り続けたり,運動をとおして仲間と一緒に活動したりすることを重視した学習の時間。テーマ例には,「ジョギング」,「特体連」等がある。

縦割りグループ(一部中高合同) 4週間程度

就労生活において働く力を高めることを重視した学習の時間。テーマ例には,「箱折り」,「農園芸」,「喫茶サービス」,「キャンドル製作」等がある。

縦割りグループ 4週間程度

自立した生活をするために必要な力を高めること,進路決定に対する主体性を形成することを重視した学習の時間。テーマ例には,「宿泊学習に向けて」,「お客様を笑顔で迎えよう」等がある。

縦割りグループ 4週間程度

基礎・基本の獲得を重視した学習の時間。テーマ例には,「作業製品のCMをつくろう」,「使ったものをきれいにしよう」,「比べて測ろう」等がある。

縦割りグループ 4週間程度

自由に使える時間を豊かに過ごすことを目的に,経験を広げたり,深めたりすることを重視した学習の時間。テーマ例には,「写真で紹介しよう」,「のびのびエクササイズ」等がある。

ホームルーム 4週間程度

進路に対する主体性の形成を重視した学習の時間。テーマ例には,「私たちの進路」,「貯金をしよう」,「就業体験に向けて」、「身だしなみを整えよう」等がある。

ホームルーム 通年

好ましい人間関係の形成やルール・マナー等の獲得を重視したホームルーム活動を行う学習の時間。テーマ例には,「安全な登下校」,「風邪を引かないために」,「携帯電話の正しい使い方」等がある。

ホームルーム 通年

1日の生活を振り返ることや明日の生活に見通しを持つことを大切にする学習の時間。テーマ例には,「今日の出来事」,「明日の予定」等がある。

年間の主な行事など(高等部関連)

5月
運動まつり

さまざまな運動を体験したり,交流種目を行ったりすることを通して,体を動かすことを楽しんだり,たくさんの人と交流したりしています。

6月
宿泊学習[全学年](校内宿泊施設)

全員でオリエンテーションや調理実習,レクリエーションをすることで,ホームルームや学部のつながりを深めていきます。

就業体験[全学年]

校内での実習や産業現場等における実習を通して,働く力を高めます。

9月
ふようまつり(学校祭)

交流の場を設定し,ステージ発表をしたり作業製品の販売をしたりします。

就業体験[3年]

卒業後の進路に直結する,大切な実習です。

教育実習

主に大学4年生を中心に,約3週間に及ぶ教育実習を行います。

10月
高等部特(知)体連(浜川運動公園)

県内の特別支援学校高等部の生徒が一堂に集まり,スポーツで技を競います。

12月
修学旅行[3年](ハワイ)

ホノルルマラソンに参加したり,海水浴やフラダンスを楽しんだりします。

1月
就業体験[1,2年]

1回目の反省を受けて行う実習です。

2月
草津生き生き体験[全学年](草津町,白根山など)

大学の宿泊施設を起点に,スキーやネイチャーハイキング,デイキャンプ等で自然と触れ合う体験をしたり,草津中学校との交流をしたりします。